フリーランスが有しておくと良いスキルとは

IT系の仕事は多岐に及ぶため、様々なスキルが求められる一方で、活躍できる場面も多いのが特徴です。業務委託の場合であってもこうした恩恵に預かることができるため、フリーランスでもスキル次第で十分な報酬を得ることも可能です。IT系のフリーランスに委託される仕事で最も多いのはプログラミング作業やデータ検証であるため、プログラム構築やデータ管理に関するスキルがあれば、あとは努力次第で仕事からあぶれることは少ないと言えるでしょう。

しかし、フリーランスであってもさらに高いレベルのIT業務に携わりたいと考えるのであれば、相応のスキルを習得しておく必要があります。昨今はIT分野の急速な拡大によって、プロジェクトの管理・運営までも業務委託されるようになってきています。従って管理職に必要なマネジメントスキルを有していれば、運営的立場からIT業務に関わることができるようになり、必然的に報酬も高くなっていきます。さらに、システム設計やホームページ・意匠のデザインができるような創造性の高いスキルは常に需要があり、まず仕事からあぶれることは無くなるため、こうしたスキルを身につけておくと良いでしょう。

一方で、設計やデザインの仕事をする場合に注意しておくことがあります。それは、こうしたスキルによる分野に限って、報酬にかかる所得税は源泉徴収されるという点です。一般的な業務委託と同じように確定申告すると所得税を二重納付してしまう可能性もあるため、気をつけておくことが大切です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です